(前回までのあらすじ)ピットは枝に引っかかっている鳥をつかんで木にぶら下がっています。レモンたちにカッコいいところを見せようと思い、振り子運動で勢いつけて180度まで回転しました。

Pit's rotation exceeded 180 degrees from the vertical direction and it began to accelerate toward the ground. Pit was thinking when it would reach an angle of 90 degrees again, he would release his hand from the bird and land on another branch.

Actually, when Pit was a student, he worked part-time for a circus group called KINOSHITA CIRCUS. So, He has seen the scene where a tiger was jumping acrobatically many times. Because his role was balancing on a ball, he had never taken aerial swings, but he remembered the timing when he should let go of his hands.

His rotation came around and just before Pit tried to jump, something sounded to break.

English specialist "IDIY Mina" checked.

ペラペラ英語飯「ジャンプする直前に何かが破れた音がした」

解説

Pit's rotation exceeded 180 degrees from the vertical direction and it began to accelerate toward the ground.

訳「ピットの回転は鉛直方向からの角度が180度を超え、今度は地面に向かって加速し始めました。」

この文は等位接続詞のandを使って以下の2つの文を繋いでいます。
⇒「等位接続詞andとは

(A)Pit's rotation exceeded 180 degrees from the vertical direction.

(B)It began to accelerate toward the ground.

Bの文では不定詞を使った名詞句が目的語として使われています。
⇒「不定詞とは

ペラペラ英語飯「回転が180度を超える」

 

Pit was thinking when it would reach an angle of 90 degrees again, he would release his hand from the bird and land on another branch.

訳「ピットは回転が再び90度になったときに鳥から手を放し、別の枝に着地しようと考えていました。」

瞬間的に経過する時間の中で考えている様子を表現するために進行形(Pit was thinking)を使っています。

従位接続詞のthatを使った名詞節が文の目的語になっています。ただし、この文のthatは省略されています。that節は目的語になるとき省略されることが多いです。
⇒「従位接続詞thatとは

that節の中では従位接続詞のwhen「~のとき」を使った副詞節が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞whenとは

that節の中の主節では等位接続詞のandを使って以下の2つの文を繋いでいます。
⇒「等位接続詞andとは

(A)He would release his hand from the bird.

(B)He would land on another branch.

land on~は「~に着地する」という意味です。

ペラペラ英語飯「回転が90度超えたらジャンプ」

スポンサーリンク

 

Actually, when Pit was a student, he worked part-time for a circus group called KINOSHITA CIRCUS.

訳「実はピットは学生の頃、木下サーカスというサーカス団でアルバイトをしたことがあります。」

従位接続詞のwhen「~のとき」を使った副詞節が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞whenとは

work for~は「~で働く」という意味です。

この文のpart-timeは「パートタイムで」という意味の副詞です。

文末では過去分詞を用いた形容詞句がgroupを修飾しています。
⇒「過去分詞とは

 

So,He has seen the scene where a tiger was jumping acrobatically many times.

訳「なので、トラがアクロバティックにジャンプするシーンを何度も見てきました。」

関係副詞のwhereを使った形容詞節がsceneを修飾しています。
⇒「関係副詞whereとは

 

Because his role was balancing on a ball, he had never taken aerial swings, but he remembered the timing when he should let go of his hands.

訳「彼は玉乗り担当だったので、空中ブランコをしたことはありませんが、どのタイミングで手を放せばいいかは目が覚えています。」

従位接続詞のbecauseを使った副詞節が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞becauseとは

この文は等位接続詞のbutを使って以下の2つの文を逆接でつないでいます。
⇒「等位接続詞butとは

(A)He had never taken aerial swings.

(B)He remembered the timing when he should let go of his hands.

Bの文では従位接続詞のwhenを「いつ~」という意味で使った副詞節が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞whenとは

let go of~は「~を放す」という意味です。
⇒「let go ofについて少し詳しく

 

His rotation came around and just before Pit tried to jump, something sounded to break.

訳「回転が一周し、ジャンプしようとする直前に何かが破れる音がしました。」

従位接続詞のbeforeを使った副詞節が主節を補足しています。beforeの前にjustをつけることで「直前」という意味になります。
⇒「従位接続詞afterとは

副詞節の中では不定詞を使った名詞句が目的語として使われています。
⇒「不定詞とは

全文訳

ピットの回転は鉛直方向からの角度が180度を超え、今度は地面に向かって加速し始めました。ピットは回転が再び90度になったときに鳥から手を放し、別の枝に着地しようと考えていました。

実はピットは学生の頃、木下サーカスというサーカス団でアルバイトをしたことがあります。なので、トラがアクロバティックにジャンプするシーンを何度も見てきました。彼は玉乗り担当だったので、空中ブランコをしたことはありませんが、どのタイミングで手を放せばいいかは目が覚えています。

回転が一周し、ジャンプしようとする直前に何かが破れる音がしました。

英語飯チェック

語句 意味
rotation 回転
exceed 超える
180 degrees 180度
vertical direction 垂直方向
accelerate 加速する
reach 到達する
an angle of~ ~の角度
release one's hand from~ ~から手を放す
land on ~に着地する
branch
actually 実は
work for ~に勤めている
acrobatic 曲芸的な
role 担当
aerial swings 空中ブランコ
remember 覚えている
timing タイミング
let go of~ ~を放つ
come around 一周してやってくる
try to~ ~しようとする
sound ~を鳴らす
break ちぎれる
はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー
◀前回記事
次回記事▶
これからも日本人全員ペラペラを目指して頑張りますので、この記事が参考になりましたらシェアをお願いします!
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る