本記事では従位接続詞の「because」、「since」、「as」について説明します。従位接続詞とは、従属節が主節を補足するようにつなぐ接続詞です。

「お金が無いから、リンゴが買えない。」

「教科書を忘れたから、勉強できない。」

など、理由の文で主節を補足したいときがあります。そんなときにbecause、since、asを使います。以降の説明を読む前に従位接続詞「that」の記事を読んでおくと分かりやすいと思います。⇒「従位接続詞とは

リンゴを買えない

because「~なので」

becauseは、「~なので」という意味の従属節を主節とつなぐ接続詞です。以下の英文を読んで下さい。

(A)I couldn't buy apples. 「私はリンゴを買うことが出来なかった。」

(B)I didn't have money. 「私はお金を持っていなかった。」

上記の文をbecauseを使ってつなげると以下の文になります。

I couldn't buy apples because I didn't have money.

お金を持ってなかったので、リンゴを買うことができなかった。」

このように、主語+動詞を伴う文の先頭にbecauseを置けば、「because+文」のカタマリを「~だから」という意味の副詞節として使うことができます。

以前の記事で紹介した従位接続詞(that、if、whether)は最初に名詞節としての使い方を説明しましたが、becauseはほとんど副詞節として用います。

しかし、「This is because~」、「That is because~」のように、主節の存在無しで名詞節のように使われることがあります。以下の会話を読んで下さい。

(ピット)I am not hungry. 「お腹は空いてないよ。」

(太郎)This is because you ate apples. 「リンゴを食べたからだよ。」

お腹は空いていない

 

Why「なぜ~?」を用いた質問文に対して、主節を伴わないBecauseの文で回答することもよくあります。

(太郎)Why did you eat apples? 「なぜリンゴを食べたの?」

(ピット)Because I was hungry. 「お腹が減っていたからだよ。」

なお、副詞節なので主節の前に置くことができます。

Because I didn't have money, I couldn't buy apples.

since、as「~なので」

理由といえばbecauseをすぐに連想しますが、sinceやasも理由を表す従属接続詞として使われます。because、since、asの違いについて現代英語語法辞典には以下のように記載されています。

【because】

最も意味が強く、理由・原因を直接的・論理的に説明する語。ほとんどの場合、because節の内容は新情報として伝達される。

【as、since】

becauseほど堅い語ではなく、付随的に理由・原因を表し、しばしば文頭に用いられる。通例、その理由が相手にも既知の情報であるか、重要性が主節ほどではないと考えられる場合に用いられる。

 

つまり、聞き手にきちんとした理由を伝えるときはbecauseを使い、聞き手も知っている理由を付け足すときはas、sinceを使うイメージです。

では力試し問題。以下の文の括弧にはbecauseとsince(asでもいい)のどちらが入るでしょうか。

(  )you drank too much tonight, you'd better quit your alcohol for a while.

さすがです。聞き手も知っている情報なのでsince(asでもいい)を使います。

Since you drank too much tonight, you'd better quit your alcohol for a while.

「あなたは今晩飲みすぎたから、しばらくアルコールはやめた方がいいよ。」

too drank

「so」、「for」との違い

等位接続詞「so」も「AだからB」という理由のような訳になりますが、soとbecauseは使い方が異なります。

soは2つの文が同じ重要度のまま、左から右に時間が流れるようにA(原因)⇒ だから ⇒B(結果)という表現になります。

You seem to be hungry, so let's buy apples.

「あなたはお腹が減っているように見える(原因)」⇒ だから ⇒「リンゴを買おう(結果)」

一方、becauseは従属節が主節を補足する表現になります。

I bought an apple because I am hungry.

「私はお腹が減っていたのでリンゴを買った。」

等位接続詞「for」との違いについては次の記事を参考にして下さい。⇒「so、forとは

はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー
◀前回記事
次回記事▶
これからも日本人全員ペラペラを目指して頑張りますので、この記事が参考になりましたらシェアをお願いします!
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る