(前回までのあらすじ)「英語飯」と書かれた掲示板を目指してピットと太郎は鳥に乗って空を飛んでいましたが墜落してしまいました。気絶から目覚めたピットはしゃべるレモンたちに出会い、毎朝果物を食べていることを彼らに伝えました。

The lemons around Pit are murmuring. Some lemons talked to each other and others shouted abuse at Pit. Still others were crying.

Lemon said, "Are people living in your town insane? How dare you do such a thing!"

Pit said, "I'm sorry. I didn't mean to hurt your feelings. There is no fruit talking or moving in my town, so I never dreamed that they had emotions."

The lemons' murmur didn't calm down.

Pit said, "There are seeds in a fruit. The seeds connect the life of a fruit. If a new fruit tries to grow near other fruits, it cannot grow well due to malnutrition. So, fruit seeds must be planted in a different place.

English specialist "IDIY Namie" checked.

ペラペラ英語飯「互いに話し合ったり、罵声を飛ばしたり、泣いているレモンがいる」

解説

The lemons around Pit are murmuring.

訳「ピットの周りのレモンたちがざわめいています。」

murmurはざわざわと騒がしい様子を表す動詞または名詞です。murmurを名詞で使い、人が大勢集まって口々に声を出してざわざわする様子を the murmur of the crowdと言います。

 

Some lemons talked to each other and others shouted abuse at Pit.

訳「レモンたちは互いに話をしたり、ピットに向かって罵声を飛ばしたりしています。」

この文は等位接続詞のandを使って以下の2つの文を繋いでいます。
⇒「等位接続詞andとは

(A)Some lemons talked to each other.

(B)Others shouted abuse at Pit.

B文のothersは「他のいくつか」という意味です。A文で説明したレモンではないレモンのうちのいくつかという意味になります。
⇒「不定代名詞otherの使い方

talked to each otherは「お互いに話し合う」という意味です。

 

Still others were crying.

訳「さらに泣いているレモンもいました。」

stillはanother,otherと一緒に使うと「さらに」という意味になります。つまり、「話しているレモン」、「罵声を浴びせるレモン」、「泣いているレモン」はそれぞれ別のレモンです。

スポンサーリンク

 

Lemon said, "Are people living in your town insane?

レモン「君の町に住んでいる人たちは正気なのかい?」

現在分詞を使った形容詞句がpeopleを修飾しています。
⇒「現在分詞とは

insaneは「正気ではない」という意味です。「正気なのかい?」の意味ではAre you sane?と聞いたほうがいいような気がしますが、英語では「正気じゃないのか?」という意味で Are you insane? と、逆のニュアンスで表現されることが一般的です。

例えば、Are you crazy ? を直訳すると「あなたはクレイジーですか(狂ってますか)?」になりますが、日本語的な表現にすると「正気ですか」「気は確かですか」になります。

 

How dare you do such a thing!"

レモン「よくそんな残酷なことができるね。」

この文のdareは「思い切って~する」という意味の助動詞です。疑問副詞のHowと合わせてHow dare you~で「よくもまあ~できるね」という意味で使われます。相手のしたことに嫌悪感を持って伝えるときに使います。
⇒「疑問副詞howとは

How dare you say such a thing!(よくもそんなことが言えるな!)

 

Pit said, "I'm sorry.

ピット「ごめんなさい。」

 

I didn't mean to hurt your feelings.

ピット「君たちの気持ちを傷つけるつもりはなかったんだ。」

不定詞を使った名詞句が補語として使われています。
⇒「不定詞とは

 

There is no fruit talking or moving in my town, so I never dreamed that they had emotions ."

ピット「僕の町には話したり、動いたりする果物は誰ももいない、だから感情を持っているなんで夢にも思わなかったよ。」

等位接続詞のsoを使って以下の2つの文を原因(話す果物はいない)⇒結果(感情を持つ果物はいないと思っていた)の流れでつないでいます。
⇒「等位接続詞soとは

 

The lemons' murmur didn't calm down.

訳「レモンたちのざわめきはおさまりません。」

lemons(レモンたち)などの複数形の所有格はlemons'sではなく、lemons'になるので注意しましょう。

calm downは「収まる」という意味です。

 

Pit said, "There are seeds in a fruit.

ピット「果物の中には種がある。」

 

The seeds connect the life of a fruit.

ピット「その種が果物の命をつないでいる。」

 

If a new fruit tries to grow near other fruits, it cannot grow well due to malnutrition.

訳「もし新しい果物が別の果物の近くで成長しようとしても、栄養不足でよく育たない。」

従位接続詞のif(もし~なら)を使った副詞節が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞ifとは

 

So, fruit seeds must be planted in a different place.

訳「だから、果物の種は別の場所に植えられなければならないんだ。」

全文訳

ピットの周りのレモンたちがざわめいています。レモンたちは互いに話をしたり、ピットに向かって罵声を飛ばしたりしました。さらに泣いているレモンもいました。

レモン「君の町に住んでいる人たちは正気なのかい?よくそんな残酷なことができるね。」

ピット「ごめんなさい。君たちの気持ちを傷つけるつもりはなかったんだ。僕の町には話したり、動いたりする果物は誰ももいない、だから感情を持っているなんで夢にも思わなかったよ。」

レモンたちのざわめきはおさまりません。

ピット「果物の中には種がある。その種が果物の命をつないでいる。もし新しい果物が別の果物の近くで成長しようとしても、栄養不足でよく育たない。だから、果物の種は別の場所に植えられなければならないんだ。」

英語飯チェック

語句 意味
murmur (よく聞き取れない声量で)ぶつぶつ言う
each other お互いに
shout 叫ぶ
abuse 悪口
cry 泣く
live 住む
insane 正気でない
How dare you~ よくもまあ~できるね
I didn't mean to hurt your feelings 君たちの気持ちを傷つけるつもりはなかった
emotion 感情
calm down 収まる
seed
connect つなぐ
grow well よく育つ
due to~ ~のため
malnutrition 栄養不足
plant 植える
はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー
◀前回記事
次回記事▶
これからも日本人全員ペラペラを目指して頑張りますので、この記事が参考になりましたらシェアをお願いします!
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る