本記事では現在分詞について説明します。前回の記事で「走ること」「食べること」のように、動詞を名詞として使う方法を説明しました。⇒「前回記事

前回の記事をみて以下のような疑問を持った人がいると思います。

動詞を形容詞や副詞にはできないの?

ナイス直感です。動詞のing形を形容詞や副詞として使う方法がちゃんと用意されています。それが分詞(ぶんし)です。

現在分詞

分詞とは

分詞は「動詞から分かれてできた詞(ことば)」なので「分詞」といいます。

動詞を名詞にしたら「動名詞」なんだから、動詞を形容詞にしたら「動形容詞」、副詞にしたら「動副詞」と呼ぶべきだと思った人がいるかも知れません。私もそう思います。「分詞」の名前のイメージと使い方が一致しないので腹が立ちますね。

混乱

「分詞」は日本人用の名称なので、英語のルールよりは変更しやすいような気がします。今後、文科省から「分詞」の名称変更が発表されるのを期待しましょう。

分詞には~ingの「現在分詞」と、~edの「過去分詞」の2種類があります。現在分詞は「~している」、過去分詞は「~された」の意味になります。

なお、分詞構文という使い方では分詞は副詞として機能しますが、日常会話では形容詞として使うのが一般的です。分詞構文については後日記事で説明します。⇒「分詞構文の記事

現在分詞と過去分詞

スポンサーリンク

現在分詞とは

現在分詞は動詞の原形に「ing」をつけて「~している」とういう形容詞になります。単語の語尾によって語尾を変えてからingを付けるルールは現在進行形のルールと同じです。⇒「現在進行形のルール

以下の英文を読んで下さい。

I saw a dog. 「私は犬を見た。」

run(走る)を現在分詞に変えてdogを修飾すると以下の英文になります。

I saw a running dog. 「私は走っている犬を見た。」

普通の形容詞と同様に、前方から名詞を修飾することができました。⇒「形容詞とは

ピット走る

 

「別の単語をくっつけた形容詞で名詞を修飾する場合、形容詞は名詞の後ろに置く。」という形容詞のルールを覚えていますでしょうか。現在分詞も同じです。以下の英文を読んで下さい。

I saw a dog running hard. 「私は熱心に走る犬を見た。」

「running(走る)」に別の単語をくっつけたので名詞の後ろから修飾しています。

running hard

 

進行形と現在分詞の違いが分からないよ

進行形と現在分詞は種類が違うのではなく、進行形の部品として現在分詞が使われています。以下の現在進行形の英文を読んで下さい。

Pit is running. 「ピットが走っている。」

SVCの文型で、補語Cに現在分詞のrunningを入れて主語が「走っている」のを表現しています。

ピット走る

カタマリを作る

動名詞の記事で、普通の文を動名詞に変更したカタマリを1つの名詞として使う方法を説明しました。⇒「動名詞とは

動名詞の使い方

 

現在分詞も同じように、カタマリを1つの形容詞として使うことができます。では、以下の英文を現在分詞を含んだカタマリに変えてみましょう。

動名詞に変える前

 

eatをeatingに変更してカタマリの完成です。。(・□・;)はやっ!

現在分詞、目的語、修飾語をカタマリを1つの形容詞として使います。なお、修飾先の名詞がカタマリの主語になるので、変換前の主語は不要です。

participle_trans_exam2

 

以下の英文を読んで下さい。

He doesn't like a person eating oranges after dinner.

「彼は夕食後にオレンジを食べる人が好きではない。」

現在分詞を使った文のカタマリ(緑色箇所)が後ろからpersonを修飾しています。

はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー
◀前回記事
次回記事▶
これからも日本人全員ペラペラを目指して頑張りますので、この記事が参考になりましたらシェアをお願いします!
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る