(前回までのあらすじ)ピットは枝に引っかかっている鳥をつかんで木にぶら下がっています。振り子運動で勢いつけてジャンプしようとした直前に何かが破れる音がしました。

rip rip rip…

Along with the sound that something was being torn, Pit began to descend towards the ground slowly while holding the bird.

Pit thought, "What is happening? I wonder if I finally got a supernatural ability to control gravity?"

While thinking so, he slowly landed near Lemons.

Crackling…

Bravo!

Phew!

Cheers and a big round of applause of Lemons rose. Pit felt like becoming a top star he was longing for when working part time at KINOSHITA CIRCUS, and he waved his hand toward Lemons.

He saw his right hand holding the bird and found that blue striped fabric were connected from his hand to its branch.

English specialist "IDIY Mina" checked.

ペラペラ英語飯「歓声と拍手の中、レモンたちの近くに着地」

解説

rip rip rip…

訳「ビリビリビリ…」

破る音を表す擬音語です。

 

Along with the sound that something was being torn, Pit began to descend towards the ground slowly while holding the bird.

訳「何かが引き裂かれるような音とともに、ピットは鳥をつかんだまま地上に向かってゆっくり降下し始めました。」

along with~は「~とともに」という意味です。副詞+前置詞で1つの前置詞として使っています。これを複合前置詞と言います。

前置詞句の中では関係代名詞のthatを使った形容詞節がsoundを修飾しています。
⇒「関係代名詞whichとは

不定詞を使った名詞句が目的語になっています。
⇒「不定詞とは

tear「~を引き裂く」の活用に注意して下さい。

現在形 過去形 過去分詞
tear tore torn

 

Pit thought, "What is happening?

ピット「何が起きている?」

疑問代名詞のwhat「何が」を使った疑問文です。
⇒「疑問代名詞とは

 

I wonder if I finally got a supernatural ability to control gravity?"

ピット「ついに重力を操る超能力を手に入れたのだろうか?」

従位接続詞のifを使った名詞節が目的語になっています。
⇒「従位接続詞ifとは

wander if~は不思議な気持ちを持ちながら「~かしら」という表現をするときに使います。ちなみに、相手にお願いするときにも使います。間接疑問文なのでif節は肯定文になります。疑問形にしないように気を付けましょう。

I wander if you could help me. 「手伝ってくれないかな。」

if節の中では不定詞を使った形容詞句がabilityを修飾しています。
⇒「不定詞の形容詞用法

スポンサーリンク

 

While thinking so, he slowly landed near Lemons.

訳「そう思いながら、ピットはレモンの観衆の近くにゆっくりと着地しました。」

従位接続詞のwhile「~しながら」を使った副詞節が主節を補足しています。従属節と主節の主語が同じなので、従属節の主語とbe動詞を省略しています。
⇒「従位接続詞whileとは

 

Crackling...

訳「パチパチパチ」

拍手をする音の表現です。

 

Bravo!

訳「ブラボー!」

劇場などで観衆が発する誉め言葉で、「よくやった!」、「素晴らしい!」のような意味です。ラテン語が語源で、18世紀に入ってから英語でも使われるようになりました。

 

Phew!

訳「ピュー」

口笛を鳴らす音です。安心したときや疲れたときのため息の表現としても使われることがあります。

Phew, I'm tired. 「ああ、疲れた。」

 

Cheers and a big round of applause of Lemons rose.

訳「レモンたちの歓声と大きな拍手が沸き上がりました。」

round of applauseは「大きな拍手」という意味です。

rise「起きる」の活用に注意して下さい。

現在形 過去形 過去分詞
rise rose risen

 

Pit felt like becoming a top star he was longing for when working part time at KINOSHITA CIRCUS, and he waved his hand toward Lemons.

訳「ピットは木下サーカスでアルバイトしていたときに憧れていたトップスターになったよう気分になり、レモンたちに向かって手を振りました。」

この文は等位接続詞のandを使って以下の2つの文を繋いでいます。
⇒「等位接続詞andとは

(A)Pit felt like becoming a top star he was longing for when working part time at KINOSHITA CIRCUS.

(B)He waved his hand toward Lemons.

A文のlikeは「~のように」とう意味の形容詞です。「like+名詞」で形容詞句になり、補語として使うことが多いです。

You looks like a dog. 「君は犬に見える。」

I smell like a steak. 「ステーキのようなにおいがする。」

Aの文では動名詞を使った名詞句が「like+名詞」の名詞部分になっています。
⇒「動名詞とは

名詞句の中では関係代名詞のwhichを使った形容詞節がstarを修飾しています。ただし、この文のwhichは省略されています。
⇒「関係代名詞whichとは

さらに形容詞節の中では従位接続詞のwhen「~のとき」を使った副詞句が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞whenとは

long for~は「~に憧れる」という意味です。

feel「感じる」の活用に注意して下さい。

現在形 過去形 過去分詞
feel felt felt

 

He saw his right hand holding the bird and found that blue striped fabric were connected from his hand to its branch.

訳「鳥をつかんでいる手を見ると、自分の手から木の枝まで青い縞模様の生地がつながっていることに気が付きしました。」

この文は等位接続詞のandを使って以下の2つの文を繋いでいます。
⇒「等位接続詞andとは

(A)He saw his right hand holding the bird.

(B)He found that blue striped fabric were connected from his hand to its branch.

Aの文では現在分詞を使った形容詞句がhandを修飾しています。
⇒「現在分詞とは

Bの文では従位接続詞のthatを使った名詞節が文の目的語になっています。
⇒「従位接続詞thatとは

find「~を見つける」の活用に注意しましょう。

現在形 過去形 過去分詞
find found found

全文訳

ビリビリビリ…

何かが引き裂かれるような音とともに、ピットは鳥をつかんだまま地上に向かってゆっくり降下し始めました。

ピット「何が起きている?ついに重力を操る超能力を手に入れたのだろうか?」

そう思いながら、ピットはレモンの観衆の近くにゆっくりと着地しました。

パチパチパチ、ブラボー!、ピュー(口笛)

レモンたちの歓声と大きな拍手が沸き上がりました。ピットは木下サーカスでアルバイトしていたときに憧れていたトップスターになったよう気分になり、レモンたちに向かって手を振りました。

鳥をつかんでいる手を見ると、自分の手から木の枝まで青い縞模様の生地がつながっていることに気が付きしました。

英語飯チェック

語句 意味
rip ビリ(破る音)
along with~ ~とともに
tear ~を引き裂く
descend 下りる
slowly ゆっくりと
hold つかむ
happen 起きる
I wonder if ~だろうか
finally ついに
supernatural ability 超能力
control 制御する
gravity 重力
land 着地する
Crackling パチパチパチ(拍手の音)
Bravo ブラボー(観衆の褒め称える声)
Phew ピュー(口笛の音)
cheer 歓声
round of applause 大きな拍手
rise 起きる
long for~ ~に憧れる
striped 縞模様の
fabric
connect つなぐ
branch
はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー
◀前回記事
次回記事▶
これからも日本人全員ペラペラを目指して頑張りますので、この記事が参考になりましたらシェアをお願いします!
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る