ぺチャンコにつぶしてしまった鳥を助けるために名医のいる病院に行った太郎は、看護婦に案内されて診察室に入りました。

A goat doctor sat on a chair in the consulting room.

The doctor said, "Good afternoon, What's wrong?"

Taro said, "The bird became thin like a piece of paper, because he was squashed by a door which came off. In addition, I held the bird and rolled all the way here, so he became even thinner."

The doctor said, "Good. He is still alive because his body slightly moves. Let's have a look."

So saying, The doctor placed a stethoscope on the bird's chest. "Breathe in, Breathe out..Good"

Though the bird's mouth was moving to the rhythm, Taro was not sure whether he breathed in or not.

英語専門家 IDIY MNS チェック

ペラペラ英語飯

解説

A goat doctor sat on a chair in the consulting room.

訳「診察室にはヤギの医者が椅子に座っていました。」

 

The doctor said, "Good afternoon, What's wrong?"

医者「こんにちは、どうしましたか?」

What is wrong?は疑問代名詞のwhatを使った文です。
⇒「疑問代名詞whatとは

病院や診療所で医者に診察をうけるとき"What's wrong?"と聞かれることが多いです。

 

Taro said, "The bird became thin like a piece of paper, because he was squashed by a door which came off.

太郎「外れたドアに押しつぶされたために、鳥が紙のように薄くなってしまいました。」

従位接続詞のbecauseを使った副詞節が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞becauseとは

副詞節の中では関係代名詞のwhichを使った形容詞節がdoorを修飾しています。
⇒「関係代名詞whichとは

 

In addition, I held the bird and rolled all the way here, so he became even thinner."

訳「それに加えて、この鳥を抱えてここまでずっと転がってきたので、さらに薄くなってしまいました。」

等位接続詞のsoを用いて以下の2つの文を原因(持って回転)⇒結果(さらに薄くなった)の流れでつないでいます。
⇒「等位接続詞soとは

(A)I held the bird and rolled over all the way.

(B)he became even thinner.

all the wayは「道中ずっと」という意味です。

「even 比較級」で「さらに~になる」という意味になります。
⇒「比較級とは

スポンサーリンク

 

The doctor said, "Good. He is still alive because his body slightly moves.

医者「グッド、体が微妙に動いているので、彼はまだ生きてはいるようですね。」

従位接続詞のbecauseを使った副詞節が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞becauseとは

 

Let's have a look."

医者「見てみましょう。」

ちょっと見てみましょう(診てみましょう)といった表現には"have a look."がよく使われる表現です。見学するときにも使われます。

I'll have a look at the model home. 「モデルルームを見てみようと思います。」

 

So saying, The doctor placed a stethoscope on the paper-like bird.

訳「そういって、医者は紙のような鳥の上に聴診器を当てました。」

「~のような◯◯」という意味の名詞句を作りたいときはハイフンを使って「paper-like bird(紙のような鳥)」という表現も使えます。bird which is like paperと同じ意味です。

 

"Breathe in, Breathe out..Good"

訳「吸って、吐いて、グッド」

 

Though the bird's mouth was moving to the rhythm, Taro was not sure whether he breathed in or not.

訳「リズムに合わせるように、鳥の口がわずかに動いていますが、息を吸っているかどうかは分かりませんでした。」

従位接続詞のthough「~だけれども」を使った副詞節が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞thoughとは

従位接続詞のwhether「~かどうか」を使った副詞節が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞whetherとは

全文訳

診察室にはヤギの医者が椅子に座っていました。

医者「こんにちは、どうしましたか?」

太郎「外れたドアに押しつぶされたために、鳥が紙のように薄くなってしまいました。それに加えて、この鳥を抱えてここまでずっと転がってきたので、さらに薄くなってしまいました。」

医者「グッド、体が微妙に動いているので、彼はまだ生きてはいるようですね。見てみましょう。」

そう言って、医者は紙のような鳥の上に聴診器を当てました。

医者「吸って、吐いて、グッド」

リズムに合わせるように、鳥の口がわずかに動いていますが、息を吸っているかどうかは分かりませんでした。

英語飯チェック

語句 意味
consulting room 診察室
What is wrong? どうしたの?
squashed 押しつぶす
come off 外れる
all the way 道中ずっと
even 比較級 さらに~になる
slightly わずかに
have a look 見てみる
place 置く
stethoscope 聴診器
breathe in 息を吸う
breathe out 息を吐く
rhythm リズム
はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー
◀前回記事
次回記事▶
これからも日本人全員ペラペラを目指して頑張りますので、この記事が参考になりましたらシェアをお願いします!
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る