ダーリング家の主人のジョージが、カフスボタンが見つからないとパーティーに行けないと言っています。

 

And if we don't go to the party, I can never show my face in the office again, and if I can never.. Ouch!

ジョージ「もし、私たちがパーティーに行かなかったら、二度と会社に顔向けできない。そして二度と。。いてっ!」

従位接続詞のif(もし~なら)を使った副詞節が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞ifとは

過去形や現在完了形の文でneverを使うときは、そのまま「一度もない」というイメージで解釈すればいいので困らないですが、現在形や未来を表現する文で使う時は「一度もない」⇒「今後も一度もない」⇒「二度とない」という解釈になります。

ちなみにダンボに出てくる象が「顔向けできない」と言っているシーンもあります。
⇒「顔向けできないのシーン

ohchは痛いときにとっさに声に出る間投詞です。

 

 

Well, Mr. Darling was a practical man.

ナレーター「おやおや、ダーリング家の主人は現実主義者です。」

文頭に置くWellは色々な意味に解釈されます。何かを言う前のクッションくらいに考えましょう。このセリフのWellは、驚いたときの「おやおや」です。

 

 

The boys, however, John and Michael believed Peter Pan was a real person and made him the hero of all their nursery games.

ナレーター「しかし、ジョンとマイケルの二人の少年はピーターパンは本物の人間だと信じ、彼を子供部屋ゲームのヒーローにしていました。」

この文は等位接続詞のandを使って以下の2つの文を繋いでいます。
⇒「等位接続詞andとは

(A)The boys, however, John and Michael believed Peter Pan was a real person.

(B)John and Michael made him the hero of all their nursery games.

howeverは接続副詞です。接続詞は文と文のあいだに置くという決まりがありますが、接続副詞は副詞を置ける位置に移動できるのが特徴です。
⇒「接続副詞とは

「The boys」と「John and Michael」が並んでいることに違和感を感じた人、ナイス気づきです。これは「同格」という技で、名詞(名詞句)を2つ並べて、単語を補足したり言い換えたりする方法です。日本語でも同じように言い換えることがあります。例えば、「あの男、タカシはTOEICの満点を目指している。」の文では「あの男」と「タカシ」が並んでいます。

Aの文は従位接続詞のthatを使った名詞節が文の目的語になっています。ただし、このセリフのthatは省略されています。
⇒「従位接続詞thatとは

However, the boys John and Michael believed that Peter Pan was a real person.

Bの文は第5文型(SVOC)です。make O Cで「OをCにする」という意味になります。
⇒「文型とは

スポンサーリンク

 

 

Blast you, Peter Pan!

ジョン「このやろう、ピーターパン!」

 

 

Take that! Give up, Captain Hook, Give up?

マイケル「これでもくらえ!降参か、フック船長、降参か?」

take thatは相手と争っているときに、相手を脅すように「これでもくらえ!」という意味で使います。「あれを持って行け」ではないので覚えておきましょう。

 

 

Never! I'll teach you to cut off me hand!

ジョン「まさか!お前に私の手が切られた思いを教えてやろう。」

第4文型(SVOO)のセリフです。teach O Oで「OにOを教える」という意味になります。

不定詞を使った名詞句が2つ目の目的語になっています。
⇒「不定詞とは

I'll teach you to cut off me hand!

cut off~は「~を切り取る」という意味です。

イギリスでは所有格のmyをmeと言う人がいます。地方の方言なので自分で使わないで下さい。豆知識として覚えておきましょう。

それにしても、足にフックをかけてタンスの上で転ばすとは、一歩間違えたら大怪我になりそうで怖いですね。良い子は真似をしないように。

 

 

Oh, no, John. It was the left hand.

ウェンディ「あら、ジョン。それは左手だったわよ。」

ジョンが右手にハンガーを持って、フック船長の手のフックに見立てていますが、フック船長のフックは左手なので、その間違いを指摘しました。

ちなみに、ディズニーのフック船長のフックは左手ですが、原作のフック船長は右手がフックです。

 

 

Oh, yes. Thank you Wendy.

ジョン「あ、そうだった。ありがとう、ウェンディ」

ジョンはハンガーを左手に持ち替えました。

はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー
◀前回記事
次回記事▶
これからも日本人全員ペラペラを目指して頑張りますので、この記事が参考になりましたらシェアをお願いします!
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る