本日から「ピーターパン(1953年公開)」のセリフを解析します。今回も英語のリズムの波に乗りまくります。

この物語は、ピーターパンという年を取らない少年と現実世界の子供たちが、ネバーランドという異世界を冒険する物語です。次々と起こる事件や、フック船長という悪者との戦いでスリルと興奮を楽しめます。

 

All this has happened before and it will all happen again, but this time it happened in London.

ナレーター「すべては以前に起き、これからも起こるでしょう。さて今回はロンドンで起きた出来事です。」

※このセリフは確認中です。

この文は等位接続詞のandとbutを使って以下の3つの文を繋いでいます。
⇒「等位接続詞andとは

(A)All this has happened before.

(B)It will all happen again.

(C)This time it happened in London.

Aの文は現在完了形を経験の意味で使っています。
⇒「現在完了形とは

いきなり最初から疑問が沸きました。起きたことはすべて以前に起きたことなのだから、「すべては以前に起きた」という言い方に違和感を持ちました。気になるので確認しておきます。

butは「AしかしB」のように逆接の意味で使われるのが普通ですが、話を切り替えるのに使われることがあります。今までの話を打ち消して次に進めるイメージです。

I'm sorry to interrupt you, but let's go for a drive.

「話が変わってわるいんだけど、ドライブに行こうよ。」

 

 

It happened on a quite street in Bloomsbury.

ナレーター「それはブルームスベリーの静かな通りで起きました。」

on a streetは「路上で」という意味です。

Bloomsburyはロンドンの地区の名前です。ちなみに下図の辺りです。

 

 

That corner house over there is the home of the Darling family, and Peter Pan chose this particular house because there were people here who believed in him.

ナレーター「あそこのあの角の家はダーリング家の家です。そして、そこにはピーターパンを信じている人たちがいるから、彼はこの特別な家を選びました。」

この文は等位接続詞のandを使って以下の2つの文を繋いでいます。
⇒「等位接続詞andとは

(A)That corner house over there is the home of the Darling family.

(B)Peter Pan chose this particular house because there were people here who believed in him.

over thereは「あそこの」という意味です。

このセリフのthatは「あの~」という意味の指示代名詞です。
⇒「指示代名詞とは

Bの文は従位接続詞のbecauseを使った副詞節が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞becauseとは

Peter Pan chose this particular house because there were people here who believed in him.

副詞節の中では関係代名詞のwhoを使った形容詞節がpeopleを修飾しています。
⇒「関係代名詞whoとは

believe in~は「~の存在を信じる」という意味です。

choseの活用に注意して下さい。

現在形 過去形 過去分詞
choose chose chosen

スポンサーリンク

 

 

There was Mrs. Darling.

ナレーター「ダーリング夫人がいました。」

女性の名前を呼ぶときに頭につけるMiss(ミス)、Ms(ミズ)、Mrs(ミセス)の違いについては次の記事を確認して下さい。
⇒「Miss、Ms、Mrsの違い

 

 

George, dear, do hurry.

ダーリング夫人「ジョージ、あなた、急いでね。」

この文のdearは「あなた」という意味の名詞です。

この文のdoは動詞hurryを強調するために置いています。本当に急いでほしい象の気持ちが伝わります。

ちなみに、「ダンボ」に出てくる象も「急いで」というときにdo hurry, dearと言ってます。
⇒「do hurry, dearのシーン

 

 

We mustn't be late for the party, you know.

ダーリング夫人「私たちはパーティーに遅れてはいけないのよ。」

be late for~は「~に遅れる」という意味です。

You knowを直訳すると「あなたは知っている」、この意味から派生して「ほら~」「~でしょ?」「~じゃん?」のような聞き手の同意を求めるときのフレーズとして使用されます。ちなみに、You seeも相手に何かを説明する前に言うことがあり、聞き手が知らない情報をこれからいうときにも使えます。

これから話す情報 先に言うこと
聞き手が既に知っている You know
You see
聞き手はまだ知らない You see

 

 

Mrs. Darling believed that Peter Pan was the spirit of youth, but Mr. Darling..

ナレーター「ダーリング夫人はピーターパンを子供の精だと信じていました。でもダーリングのご主人は。。」

従位接続詞のthatを使った名詞節が文の目的語になっています。
⇒「従位接続詞thatとは

Mrs. Darling believed that Peter Pan was the spirit of youth.

 

 

Mary. Unless I find my cuff links, we don't go to the party.

ジョージ「メアリー、カフスボタンを見つけない限り、私たちはパーティーに行くことができないよ。」

従位接続詞のunlessを使った副詞節が主節を補足しています。
⇒「従位接続詞unlessとは

cuff linkとは「カフスボタン」という意味です。カフスボタンとはYシャツの袖に付けるアクセサリーのことです。

はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー
◀前回記事
次回記事▶
これからも日本人全員ペラペラを目指して頑張りますので、この記事が参考になりましたらシェアをお願いします!
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る