アリスは追いかけてくる女王たちから逃げています。

 

Off with her head!

女王「彼女の首をはねろ!」

off with one's headは「~の首をはねる」という意味です。

 

 

Mr. Caterpillar, what will I do?

アリス「芋虫さん、どうしたらいいの?」

疑問代名詞のwhatを使った疑問文です。
⇒「疑問代名詞とは

アリスが初めて芋虫のことを芋虫と呼びました。

 

 

Who are you?

芋虫「君は誰?」

疑問代名詞のwhoを使った疑問文です。
⇒「疑問代名詞とは

 

 

There she goes.

女王「ほら彼女が行くぞ。」

このセリフのThere she goes は「ほら、彼女が行く(通る)」という意味です。主語が異なる「There he goes.」や「There they go」もよく使われます。

 

 

Don't let her get away!

女王「彼女を逃がすな!」

使役動詞のletを使った命令文です。「let O 動詞の原形」でOに~されるという意味になります。
⇒「命令文とは

このセリフのget awayは「逃げる」という意味です。

 

Off with her head!

女王「彼女の首をはねろ!」

off with one's headは「~の首をはねる」という意味です。

 

 

Oh! Still locked, you know.

ドアノブ「イテッ!まだロックされてるでしょ。」

You knowは直訳すると「あなたは知っている」、この意味から派生して「~でしょ?」「~じゃん?」のような聞き手の同意を求めるときのフレーズとして使用されます。文頭に置かれたYou know,は「ほら」と訳すとしっくりきます。

スポンサーリンク

 

 

But the Queen! I simply must get out!

アリス「でも女王が!とにかく外に出なければ!」

simplyは文中の置かれる位置で意味が微妙に変わります。このセリフのsimplyはmustを強調しています。
⇒「simplyの場所と意味

このセリフのget outは「外に出る」という意味です。

 

 

But you are outside.

ドアノブ「でも君は外にいるよ。」

butは通常、文頭に置いてはいけないというルールがあり、代わりにHoweverを使いますが、会話では気にせずにButから始める人は多いです。

 

What?

アリス「何?」

疑問代名詞のwhatを使った疑問文です。主語+述語動詞が省略されています。
⇒「疑問代名詞とは

 

 

See for yourself.

ドアノブ「自分で見てごらん。」

このセリフのfor oneselfは「自分で」という意味です。

 

 

Why, why, that's me! I'm asleep.

アリス「え、え、私だわ!私が寝てる。」

このセリフのwhyは疑問詞ではなく間投詞です。驚きや承認を表したり、「えっと」のように考えているときの表現に使います。

 

 

Don't let her get away! Off with her head!

女王「彼女を逃がすな!彼女の頭をはねろ!」

先ほどと同じ女王のセリフです。この物語で一番出現回数が多いフレーズは「Off with one's head」かも知れません。

使役動詞のletを使った命令文です。「let O 動詞の原形」でOに~されるという意味になります。
⇒「命令文とは

このセリフのget awayは「逃げる」という意味です。

はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー
◀前回記事
次回記事▶
これからも日本人全員ペラペラを目指して頑張りますので、この記事が参考になりましたらシェアをお願いします!
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る