本記事では従位接続詞「as」について説明します。従位接続詞とは、従属節が主節を補足するようにつなぐ接続詞です。

asは「同時」「同じ」という基本イメージから派生させて様々な意味で使われる接続詞です。

従位接続詞「as」

as「~のとき」

以下の英文を読んで下さい。

The telephone rang as I got home.

家についたとき、電話が鳴った。」

このように、主節と従属節の内容が同時に行われるときにasを使います。whenは2つの文に時間差があってもいい表現ですが、asは時間的にかなり接近しているものとして聞き手に伝わります。

whenとの違いは次の記事を参照して下さい。⇒「whenとは

従位接続詞「as」

as「~しながら」

以下の英文を読んで下さい。

He ate an apple as he was playing tennis.

「彼はテニスをしながらリンゴを食べた。」

このように、主節と従属節の内容が同時に行われている様子をもとに、従属節を「~しながら」という意味で主節を補足させることがあります。

whileを使っても同じ意味の文が作れますがニュアンスが若干違います。whileは「他にやっていること」に意識が置かれ、asは「同時」に意識が置かれます。
⇒「従位接続詞whileとは

He ate an apple while playing tennis.

リンゴを食べながらテニスをする

as「~なので」

以下の英文を読んで下さい。

As he was hungry, he ate an apple.

彼は空腹だったので、リンゴを食べた。」

このように、主節の理由を従属節が説明するときにもasを使います。理由を表す従属節が主節と「同時」に行われている様子を感じましょう。

becauseとの違いは次の記事を参照して下さい。⇒「becauseとは

空腹なのでリンゴを食べる

as「~だけど」

以下の英文を読んで下さい。

Full as he was, he ate apple.

満腹だったけど、彼はリンゴを食べた」

このように、譲歩の意味でもasが使われます。ただし、この意味で使われるときはasの前に形容詞が置かれるのが特徴です。従属節が主節と「同時」に行われている様子を感じましょう。

thoughとの違いは次の記事を参照して下さい。⇒「thoughとは

満腹でもリンゴを食べる

as「~のように」

以下の英文を読んで下さい。

He ran as you said.

「あなたの言うように彼は走った。」

このように「~のように」といった意味でもasが使われます。主節と従属節が「同じ」であることを感じましょう。

asと同じ「~のように」の意味で使われる単語にlikeがあります。asとlikeの違いは現代英語語法辞典には以下のように記載されています。

asはやや文語的な感じがするので、くだけた会話体では通例like, the wayが用いられる。

Like I said, she was seven or eight years old.

要するに、会話ではlikeを使い、文章ではasを使いましょう。

likeが接続詞!?

likeと聞くと「~が好き」という動詞をイメージしますが、他にも形容詞(~似ていて)、前置詞(~のような)、副詞(およそ、たぶん)、接続詞(~のように)、名詞(似た人)など様々な用法があります。それについは、またの機会に説明します。

犬が走る

as if「まるで~のように」

以下の英文を読んで下さい。

He ate as if he didn't eat anything for one days.

「まるで1日何も食べていなかったように、彼は食べた。」

何かに酷似していることを強く表現したい場合にはas if「まるで~のように」を使います。主節と従属節が「同じ」であることを感じましょう。

as「~につれて」

以下の英文を読んで下さい。

As the days passed, his belly became bigger.

「日が経つにつれ、彼の腹は大きくなった。」

「~につれて」という刻々と変化するものを表現したいときにもasを使います。主節と述語節が「同時進行」で行われることを感じましょう。

日に日にお腹が大きくなる

as「~のとおり」

以下の英文を読んで下さい。

As you know, He likes apples.

「知ってのとおり、彼はリンゴが好きだ。」

このように「~のとおり」といった意味でもasが使われます。主節と従属節が「同じ」であることを感じましょう。

リンゴが好き

as「~として」

asは接続詞だけではなく前置詞にも使えます。以下の英文を読んで下さい。

I raised him as his father.

「私は彼の父として彼を育てた。」

鳥を育てる

 

このようにasの意味はたくさんありますが、すべての意味を暗記するのではなく、「同時」や「同じ」という基本イメージを持ちながら、そこから派生する意味を2つの文から導き出しましょう。

はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー
◀前回記事
次回記事▶
これからも日本人全員ペラペラを目指して頑張りますので、この記事が参考になりましたらシェアをお願いします!
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る