サーカスで大怪我をした象たちのダンボの悪口が続きます。

 

Oh, well, they've gone and made him..Oh dear, I just can't say it.

象「ええ、彼らは行ってしまい、彼を。。ああ、言えないわ。」

Oh dearは、驚いたとき、悲しいとき、失敗したときなどに使う間投詞です。残念な感情を持ちながら言うことが多いです。Dear meも同じ意味です。
⇒「Dear meのシーン

 

Out with it.

象「言ってしまいなさい!」

無理やり相手に口を割らせたいときに言う決まり文句です。途中まで言って言うのを止めた象に怒ったようです。

 

Made him a clown.

象「彼をピエロにしたの。」

先ほど言いかけた言葉の続きを言っています。

この文は第5文型です。make O Cで「OをCにする」という意味になります。
⇒「文型とは

They made him a clown.

 

 

Oh, the shame of it.

象「あー、恥ずかしいことだわ。」

恥ずかしい行為を見たみたときに言うフレーズです。後ろにallを付けて言う人もいます。

The shame of it all.

 

 

Let us take the solemn vow.

象「厳粛な誓いを立てましょう。」

使役動詞のletを使った自分たちに対する命令文です。let usは「私たちに~させて」という使い方が多いですが、このシーンでは「~しましょう」という意味で使われています。
⇒「letを使った命令文とは

take a vowは「誓いを立てる」という意味です。それにsolemn(厳粛な)がついてtake the solemn vow「厳粛な誓いを立てる」という意味になります。

スポンサーリンク

 

 

From now on, he is no longer an elephant.

象「これからずっと、彼はもはや象ではない。」

from now onは「これから先ずっと」という意味です。

no longerは「もはや~ない」という意味で、比較級を使った慣用表現です。
⇒「比較級とは

ちなみに no は not any で置き換えることができます。

He is not any longer an elephant.

no longerは副詞として扱うので、be動詞の場合は動詞の後ろに置き、一般動詞の場合は動詞の前に置きます。

He no longer eats apples.「かれはもはやリンゴを食べない。」

 

 

Please, (   ) . My poor baby.

ピエロ「お願い、(   )。私の可哀想な赤ちゃん。」

バックミュージックが大きくてよく聞こえませんね。(・□・;)

Pleaseは、命令の口調を丁寧な印象にしたり、お願い度をアップさせるときに使います。

poorといえば「貧しい」とか「お金が無い」というイメージが浮かびますが、「可哀想な」という意味でも使われます。

 

 

Wow! Save my child.

ピエロ「うわー!私の子供を助けて。」

saveと聞くとゲームを保存するようなイメージが浮かびますが、「助ける」とうい意味でも使われます。

例)You saved my life! 「君は命の恩人だ」

 

 

Come on. Jump. We'll save you. Hurry up.

ピエロ「来い。飛べ。俺たちが助ける。急げ。」

はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー
◀前回記事
次回記事▶
これからも日本人全員ペラペラを目指して頑張りますので、この記事が参考になりましたらシェアをお願いします!
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る