サーカス団の新しいショー「象のピラミッド」が始まります。

 

Aren't we a bit clumsy?

象「私たちって少し不器用じゃない?」

否定疑問文です。相手の同意を求めたり、信じられない気持ちを強調する疑問文で、聞き手から回答がなくても問題ありません。

bit clumsyは「ドジ」「ぶきっちょ」といった意味で、相手をけなすようなときに使います。気になるのは、主語にweを使っている点です。自分も含めてぶきっちょであることを言っているのでしょうかね。

 

 

Gaining a little weight, aren't you, honey?

象「少し太ったよね?あなた」

文末に付加疑問文(aren't you?)を付けています。
⇒「付加疑問文とは

この文は主語+動詞が省略されています。付加疑問文の主語がyou、動詞がaren'tなので、主語+動詞を省略しない場合は以下の文になることが分かります。

You are gaining a little weight, aren't you, honey?

このように、私たちは肯定文の英語は必ず「主語+動詞~」から話が始まると習いましたが、実際は主語を省略して話す人が結構います。

現在進行形にすることで、徐々に体重が増えてきている様子を表しています。

日本人が「ハニー」と聞くと、彼氏が彼女を呼ぶときに使うイメージがありますが、ネイティブでは同性の友達にも普通に使います。ちなみに「ダーリン」もです。

スポンサーリンク

 

 

You are no cream puff yourself, dearie.

象「あなたはシュークリームじゃないでしょう。」

cream puffは食べ物のシュークリーム以外にも、その柔らかさのイメージから「女々しい」とか「弱々しい」のような軽蔑的な表現で使われることがあります。

dearieはdearの後ろに「ie」を付けた単語でdear「あなた」と同じ意味です。dearと聞くと「親愛なる~」という意味の使い方を連想しますが、親しい相手を呼ぶときの呼称にも使われます。

 

 

Quiet up there. Tend to your work, girls.

象「上の方、静かにしなさい。仕事に集中しなさい。」

※この文は現在確認中です。

tend to~は「~しがちである」の意味で使われることが多いですが、「~の世話をする」「~の面倒をみる」という意味で使われることがあります。

tend to your work=「自分の仕事の面倒をみる」⇒「仕事に集中しなさい。」というニュアンスです。

しかし、tendについて現代英語語法辞典には以下のように記載されています。

くだけた書き言葉では「世話をする」の意味で、attend to または tend を使って、tend to を使わない。tend to を用いることに保守的な人は反対である。その選択は明確ではなく、使用者の好みに任されている。

tend the sheep(羊の世話をする)

attend to his bruises(彼の打撲傷の手当てをする)

つまり「世話をする」という意味で「tend to 名詞」を使うのに反対する人がいるので、「tend 名詞」を使っておけば問題ないということです。

 

 

Take your foot out of my eye, clumsy ox.

象「私の目から足をどけなさい。不器用な牛ね。」

take ~ out of ...は「...から~を取る」という意味です。

oxは「雄牛」という意味です。ちなみに、複数形はoxen。象が牛を使って他の象を侮辱するって面白いですね。

 

 

Steady, girls.

象「しっかりしてよ。あなたたち」

 

 

Boy, that was a close one.

「おっと、危ないところだった。」

boyは「少年」という意味のほかに、興奮や驚きを表す間投詞として使われることがあります。

危険な状態を何とか乗り切ったときに言う「危ないところだった。」という表現にthat was a close one.が良く使われます。closeには「閉じる」という意味の他に「接近する」という意味があります。そのギリギリ接近している雰囲気から「ギリギリだった。」⇒「危ないところだった」というニュアンスになります。

こうして、ダンボが頂点に立つための象のピラミッドが出来上がりました。

はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー
◀前回記事
次回記事▶
これからも日本人全員ペラペラを目指して頑張りますので、この記事が参考になりましたらシェアをお願いします!
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る