【Swift】UIScrollViewとUIPageControlを使ってページを移動する方法 | はじはじアプリ体験記

Swift
【Swift】Scroll ViewとPage Controlを使ってページを移動する方法。

  • 2016年4月18日
    Swift 2.1で検証
  • Twitterでシェア
  • Facebook
  • LINEで送る

Scroll ViewとPage Controlを合わせて使う

前回の記事でUIScrollView(以下、スクロールビュー)を用いて、自分より大きい部品をスクロールして見る方法について説明した。⇒「記事

scroll_view_item

 

スクロールはフリック操作で行ったが、Page Control(以下、ページコントロール)を追加すれば画面タップでページを移動したり、現在のページが一目で把握できるようになる。

page_control_item

 

そこで、本記事ではスクロールビューとページコントロールを合わせて使う方法について説明する。ページコントロールの基本的な使い方は次の記事を参照されたし。⇒「記事

まず、ページコントロールをデバイス画面に配置することろから始める。前回記事の続きからページコントロールをデバイス画面にそのまま追加すると望ましくないことになるが何だか分かるだろうか。

UIScrollViewの中にUIPageControlを配置する

 

その通り。ページコントロールが一緒にスクロールされてしまうのだ。ページコントロールはページを移動したり、現在ページを把握するために使われるので無くなるのは困る。

スポンサーリンク

一緒にスクロールされる理由は、スクロールビューの中に格納されているすべての部品がスクロール対象になるためである。なので、スクロールしたくない部品はスクロールビューの中に入れてはいけない。しかし、最初からあったViewをスクロールビューに置き換えているため、スクロールしたくない部品を置く場所がない。

そこで、Viewの中にスクロールビューとページコントロールを格納するように作り変えることにする。

まず、下図赤枠の「Scroll View」をクリックしたあとDeleteキーを押してViewController配下にあるものをまるっと削除する。続いて、Viewをデバイス画面に配置する(青矢印)。

スクロールビューを削除する

 

次に、スクロールビューをデバイス画面に配置する(下図紫矢印)。黄枠のアトリビュートインスペクタボタンを押して設定画面を表示し、Paging Enabledにチェックを入れる。

黄緑枠のPinボタンを押して吹き出しの設定画面を表示し、上下左右からの距離をすべて0にし「Add 4 Constraints」ボタンを押す。これで、スクロールビューが画面いっぱいに表示されるようになった。

UIScrollViewをデバイス画面に配置する

 

次に、イメージビューをスクロールビューの中に配置する(下図黄緑矢印)。紫枠のアトリビュートインスペクタボタンを押して設定画面を表示し、Imageに画像ファイル名(sample_item.png)を入力する。

赤枠のPinボタンを押して吹き出しの設定画面を表示し、スクロールビューとの上下左右の距離をすべて0に設定する(青枠)。WidthとHeightにチェックを入れ、Widthに960,Heightに1000を入力して「Add 6 Constraints」ボタンを押す。これで、スクロールビューより大きいイメージビューの制約を追加した。

スクロールビューの中にイメージビューを配置する

 

次にページコントロールをデバイス画面に配置する(下図青矢印)。このとき、スクロールビューの中に入れてしまわないように十分注意すること。ちなみに下図黄色線の「Scroll View」と「Page Control」の階層が同じならページコントロールはスクロールビューの外にあることが分かる。

黄緑枠のアトリビュートインスペクタボタンを押して設定画面を表示し、Tint Colorを緑、Current Pageを赤に設定する。

紫枠のPinボタンを押して吹き出しの設定画面を表示し、Viewからの左右の距離に0、下からの距離に100を入力して「Add 3 Constraints」ボタンを押す。これで、ページコントロールがページ下部に幅いっぱいで表示されるようになった。

ページコントロールをデバイス画面に追加

 

この段階で実際にプレイしてみよう。ページコントロールがスクロールしなくなった。

 

現在ページを表示する

次に、ページが変わったらページコントロールの現在ページが更新されるようにしよう。

下図紫枠のアシスタントエディタボタンを押してViewController.swiftを開く。黄緑枠のスクロールビューをドラッッグ&ドロップでソースコードまで運んで吹き出しの設定画面を表示する。Connectionに「Outlet」、Nameに「testScrollView」を入力し、Connectボタンを押す。

続いて、ページコントロールをソースコードまで運んで吹き出しの設定画面を表示する(青矢印)。Connectionに「Outlet」、Nameに「testPageControl」を入力し、Connectボタンを押す。

これで、ソースコードでスクロールビューとページコントロールを操作できるようになった。

部品とソースコードのコネクションを確立する

 

ViewController.swiftを以下のコードのように修正する。

スクロールビューのデリゲート先に自分を設定し、「スクロール停止時に呼び出されるメソッド」を追加する。このメソッドの中で「スクロールビューのX座標 ÷ スクロールビューの幅」の商を計算し、ページコントロールのページ番号に設定している。

 

以下は実際のプレイ動画。ページの移動に伴って現在ページ(赤丸)も一緒に移動するようになった。

 

ページコントロールを使ってページを移動する

次にページコントロールのタップでページを移動できるようにしよう。

下図水色枠のアシスタントエディタボタンを押してViewController.swiftを開く。ページコントロールをドラッグ&ドロップでソースコードまで運んで吹き出しの設定画面を表示する。Connectionに「Action」、Nameに「tapPageControl」、Typeに「UIPageControl」、Eventに「Value Changed」を設定し、Connectボタンを押す。

これでページコントロールが押された時に呼び出されるメソッドが追加された。

UIPageControlのアクションを追加

 

ViewController.swiftを以下のように修正する。「ページコントロールのタップ時に呼び出されるメソッド」の中で、遷移先のページ番号に応じてスクロールビューのX座標を更新している。

 

以下が実際のプレイ動画。

Swift記事一覧へ
  • Twitterでシェア
  • Facebook
  • LINEで送る
はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー

コメントを残す

お名前