【Swift】ViewControllerのタイトルがNavigationBarに表示されないときの対処 | はじはじアプリ体験記

Navigation Bar Title
【Swift】Navigation Controllerの設定。ナビゲーションバーのタイトルをビューコントローラーと合わせる。

  • 2016年5月25日
    Swift 2.1で検証
  • Twitterでシェア
  • Facebook
  • LINEで送る

Navigation Barのタイトルを変更する

本記事では、Navigation Item(以下、ナビゲーションアイテム)に表示されるタイトルの設定方法を説明する。

Navigation Barの例

 

Navigation Controller(以下、ナビゲーションコントローラー)と接続し、セグエの種類がPush(またはShow)でつながっている画面の上部には、下図のようにナビゲーションアイテムが表示されるので、ダブルクリックしてタイトルを変更することができる。これが一番てっとり早い。

ダブルクリックでタイトルを入力する

 

ViewControllerのタイトルと同じにする

ViewController(以下、ビューコントローラー)もtitleプロパティを持っているので、ビューコントローラーとナビゲーションアイテムのタイトルを別々に設定するのではなく、ビューコントローラーのtitleをナビゲーションアイテムのタイトルに設定したい。

「iOS View Controllerカタログ」に以下の記述がある。

Navigation Itemにタイトルが付いていないと、Navigation BarはView Controllerのタイトルを使用します。(iOS View Controllerカタログ

 

であれば、ストーリーボードでビューコントローラーのタイトルを設定してやれば、ナビゲーションアイテムのタイトルが自動で表示されそうなので試してみよう。

以降の作業を開始する段階のXcodeプロジェクトをGitHubに置いたので、手順を試してみる人はご利用されたし。

⇒「テスト用プロジェクト

 

下図真ん中のビューコントローラーを選択、紫枠のアトリビュートインスペクタボタンを押して設定画面を表示し、Titleに「昼」を入力する。続いて、右端のビューコントローラーを選択し、Titleに「夕方」を入力する。

View ControllerのTitleを設定する

 

実行すると以下の動画のようになる。あれ、タイトルが表示されないぞ。

 

公式リファレンスのtitleプロパティの説明に以下のように記述されている。

If the view controller has a valid navigation item or tab-bar item, assigning a value to this property updates the title text those objects.(公式リファレンス)

 

つまり、ビューコントローラーのtitleプロパティを更新しなければナビゲーションアイテムのタイトルに反映されないということのようだ。

そこで、ViewController.swfitを以下のコードに変更する。ビューコントローラーのtitleプロパティをtitleプロパティに再設定している。titleプロパティは参照型のため、何もせずに再設定すると更新したことにならないので、空文字を付加して再設定している。

 

ストーリーボードを開き、夕方のビューコントローラー(下図赤枠)を選択する。水色枠のアイデンティティインスペクタボタンを押して設定画面を表示し、Classに「ViewController」を設定する。これで、昼と夕方両方で同じビューコントローラーが使われるようになった。

2つ目のViewControllerのクラスを指定する

 

以下は実際のプレイ動画。タイトルが表示されるようになった。

スポンサーリンク

ナビゲーションコントローラーのサブクラスでタイトルを設定する

上記の手順でタイトルが表示されるようにはなったが、あまりスマートではない。ViewControllerを増やすたびにこの処理を入れるのも冗長だ。

そこで、ナビゲーションコントローラーのサブクラスを作り、画面遷移が行われたタイミングでナビゲーションアイテムのタイトルを更新する作りにしよう。なお、先ほど変更したViewController.swiftのコードは元に戻してから作業を進めること。

メニューから「File」⇒「New」⇒「File...」を選択する。

新規ファイルを作成する。

 

テンプレートを選択する画面が表示されるので、「iOSのSource」⇒「Cocoa Touch Class」を選択する。

Cocoa Touch Classを選択する

 

クラス名を入力する画面が表示されるので、Classに「TestNavigationController」、Subclass ofに「UINavigationController」を入力し、Nextボタンを押す。
クラス名を入力

 

保存先を指定する画面が表示されるので、プロジェクトと同じ場所であることを確認し、Createボタンを押す。
保存先を指定する

 

TestNavigationController.swiftを以下のコードに変更する。

「画面出現後の呼び出しメソッド」が呼び出されたら、ナビゲーションバーにスタックされているナビゲーションアイテムの中の一番上のアイテムのタイトルをビューコントローラーのタイトルに変更するようにした。

なぜ一番上のアイテムなのか説明すると、ナビゲーションアイテムはナビゲーションバーの中に配列で保持されていて、push、popで出し入れされながら画面遷移時に利用されるので、一番上のアイテムが遷移先画面で使われるナビゲーションアイテムになる。

ちなみに、ナビゲーションコントローラーのnavigationItemプロパティは、そのViewControllerに設定されているナビゲーションアイテムなので、このプロパティの値を変更しても画面に表示されない。

 

ストーリーボードを開き、下図赤枠のナビゲーションコントローラーを選択する。紫枠のアイデンティティインスペクタボタンを押して設定画面を表示し、Classに「TestNavigationController」を設定する。これでナビゲーションコントローラーに自作したクラスが使われるようになった。

Navigation ControllerのCustom Classを設定する

 

以下は実際のプレイ動画

Swift記事一覧へ
  • Twitterでシェア
  • Facebook
  • LINEで送る
はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー

コメントを残す

お名前