【Swift】レイジ―プロパティ(lazy)の使い方。最初にアクセスされたときに初期値が決まる。 | はじはじアプリ体験記

Swift
【Swift】レイジープロパティ(lazy)の使い方。最初にアクセスされたときに初期値が決まる。

  • 2016年3月8日
    Swift 2.1で検証
  • Twitterでシェア
  • Facebook
  • LINEで送る

レイジープロパティとは

レイジープロパティ(lazy stored property)とは、参照されるときに初めて初期値が設定されるプロパティのことである。

レイジープロパティは以下のように定義する。インスタンス生成後に値を変更するプロパティなので定数(let)で宣言することはできない。

 

以下のコードは、普通のプロパティを利用する例。商品クラスに含まれる価格(price)は外部変数のディーラー価格(dealer_price)の値で初期化する。

商品クラスのインスタンスを作ったあとにディーラー価格を7000円に変更し、商品クラスのインスタンスの価格を参照すると5000円と表示される。つまり、インスタンスが生成されたときにディーラー価格を参照して価格が決定されるということだ。

 

一方、以下のコードは価格のプロパティをレイジープロパティに変更したものである。先ほどと同じように、商品クラスのインスタンスを作ったあとにディーラー価格を7000円に変更し、商品クラスのインスタンスの価格を参照すると、今度は7000円が表示される。

これが意味するのは、インスタンスを生成したときはまだ初期値が定まってなくて、価格を初めて参照したときに初期値が設定されているということだ。このように、レイジープロパティはプロパティが必要になったときに初めて値を設定したいときに使える機能である。

スポンサーリンク

メソッドを使って初期化する

レイジープロパティに代入する値は、変数に限らず、メソッドを呼び出して値を設定することができる。以下のコードは、自身のメソッドを呼び出してレイジープロパティの初期化を行う例である。計算結果を初期値に設定するのに使える。

 

なお、通常のプロパティは値にメソッドを記述することはできない。インスタンス生成されてないインスタンスメソッドを使うことができなイメージ。

 

クロージャを使って初期化する

以下のコードのように、クロージャを使ってレイジープロパティを設定することもできる。レイジープロパティのためだけのメソッドならば、このようにクロージャにしてしまったほうがコードがスッキリして良い。

 

なお、クロージャは変数として扱われるものなので通常のプロパティを初期化するときにも使える。初期化されるタイミングは変数を代入するときと同じである。

Swift記事一覧へ
  • Twitterでシェア
  • Facebook
  • LINEで送る
はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー

コメントを残す

お名前