チャートは波のように振幅しながら上がる、下がるを繰り返します。トレンドが形成されると、トレンドに沿って引いた直線に当たって跳ね返るように価格が動くことが多くなります。

上昇トレンドのときに安値どうしを結んだ直線を上昇トレンドラインといいます。

上昇トレンドライン

 

下降トレンドのときに高値どうしを結んだ直線を下降トレンドラインといいます。

TradingView 下降トレンドライン

 

この記事ではTradingViewのトレンドラインの引き方について説明します。

下図青枠の絵をクリックします。

 

最初からTradingView トレンドラインが表示されている場合はそのままでいいですが、TradingView トレンドラインが表示されていない場合は、下図青枠をもう一度クリックします。

すると下図紫枠の場所に選択項目が表示されるので「トレンドライン」を選択します。

TradingView トレンドライン

 

次に、線を引きたい場所の始点と終点を続けてクリックします。これで直線の出来上がりです。

(・▽・)カンタン

以下の動画は下降トレンドラインを引くシーンです。

 

1回目のクリックのあとにShiftを押すと、線の角度が45度ずつ回転するようになるので、水平線や垂直線が引きやすくなります。

以下の動画は水平線を引くシーンです。

 

デフォルトのままでは、線を何本も引こうと思ったら1本引く度にTradingView トレンドラインを押す必要があります。

そんなときは下図青枠をクリックします。すると何本でも線を連続で引けるようになります。これを連続描画モードといいます。下図青枠をもう一度クリックすると連続描画モードが解除されます。

TradingView 描画モードを維持

 

下図は連続描画モードに切り替えて、ラインを連続で引くシーンです。

 

線を引いたあとに長さや角度を修正したいと思ったときは、線の端の白丸をドラッグで運びます。白丸以外の線の部分をドラッグすると角度と長さはそのままに線を移動できます。

以下の動画は、先ほど引いた線の長さ、角度、位置を修正するシーンです。

 

引いた線を消すときは、消したい線を右クリック⇒「削除」で消せます。

クリック⇒Deleteキーでも消せます。

以下の動画は1本ずつ選択して消すシーンです。

 

すべての線をいっぺんに消す場合は、チャート画面を右クリック⇒「すべての描画ツールを削除」で消えます。

以下の動画はすべての線をいっぺんに消すシーンです。

 

線を引くときに、近くに表示される下図のボタンは線のデザインを変更したり、保存したりするためのボタンです。

TradingView

①線のデザインを保存、または、保存してあるデザインを読み込むときに使うボタンです。
②線の色を変更するボタンです。
③線の太さを変更するボタンです。
④線のスタイル(直線、破線、点線)を変更するボタンです。
⑤線の左端(矢印、線を延長)を変更するボタンです。

 

以下の動画は赤線を緑の太い点線に変更して、デザインを保存するシーンです。

 

管理人オススメの取引所

Zaifの凄いところは、ビットコインの取引手数料がマイナスであることです。つまり、取引すれば逆に手数料がもらえます。使い心地は他の取引所に劣りますが、それでも使いたい取引所です。イーサリアムやネムなどの人気のアルトコインが手数料無料で取引できるのも嬉しいです。

Binanceは海外の取引所ですが、ビットコイン以外の仮想通貨を取引するなら必須といえる存在の取引所です。理由は、日本の取引所で扱っていない将来有望のアルトコインを安い手数料で売買できるからです。セキュリティとサーバーも安定していて文句無し。

bitFlyerは日本最大手のビットコイン取引所です。取引手数料は0.01%~0.15%がかかりますが、安心感と使いやすさはピカイチです。ビットコインFX(レバレッジ取引)はキャンペーン中につき取引手数料が無料です。レバレッジ取引をするならここで決まり。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る