下図はTradingViewの1時間足のビットコインチャートです。

X軸は時間軸で、日付の目盛りが等間隔に表示されています。この目盛りの間隔を狭くして、もっと広範囲のチャートを眺めたいと思うことがあります。

TradingView

 

そんなときは目盛りの領域をドラッグして右に運ぶことで、目盛り間隔を狭くできます。

TradingView 目盛りをドラッグ

 

以下の動画は、目盛りを右にドラッグして幅を狭くするシーンです。

 

逆に、目盛りを左にドラッグすると目盛り間隔を広くできます。

以下の動画は、実際に目盛り間隔を広げるシーンです。

 

実は、X軸の目盛りをドラッグする操作は、マウスホイールを回してズームイン、ズームアウトする操作と同じ結果になります。
⇒参考「ズームイン、ズームアウト

以下の動画は、マウスホイールを下に回してズームアウトするシーンです。目盛りを右にドラッグする場合と同じであることが分かります。

 

チャートのY軸には価格が表示されています。Y軸の目盛り幅もドラッグで幅を変えることができます。下にドラッグすると幅が狭くなり、上にドラッグすると広くなります。

TradingView Y軸の目盛り幅を狭くする

 

以下の動画は下にドラッグして、Y軸の幅を狭くするシーンです。

 

Y軸の目盛り間隔を調整していない場合は、チャートを左右にスクロールするときに表示領域の中の最高値と最安値のローソク足がすべて画面に表示されるように自動でズームイン、ズームアウトが行われ、チャートをドラッグできるのは左右方向のみでした。

一方、Y軸の目盛り間隔を調整すると、自動でズームイン、ズームアウトされる機能が行われなくなり、上下方向にもチャート画面をドラッグできるようになります。

以下の動画は、Y軸の目盛り間隔を広げたあと、チャートとドラッグして上下左右に移動するシーンです。

 

マウスホイールを回す、または、X軸の目盛りをドラッグしてチャートの表示期間を調整できますが、

1年間分のチャートが見たい

1ヶ月分のチャートが見たい

のように、見たい期間が決まっている場合は、下図青枠の「1日、5日、1月、3月、6月、年初来、1年、5年、すべて」のいずれかをクリックしてチャートの表示期間を一発で変更できます。

TradingView 表示期間を調整

 

以下のチャートは、2018年9月1日に下図紫枠の「1年」をクリックした結果です。2017年9月1日から2018年9月1日までのちょうど1年ぶんのチャートが表示されました。

TradingView 1年ぶんのチャートを表示

 

以下のチャートは、下図紫枠の「1月」をクリックした結果です。2018年8月1日から2018年9月1日までのちょうど1ヶ月ぶんのチャートが表示されました。

TradingView 1ヶ月ぶんのチャートを表示

 

管理人オススメの取引所

Zaifの凄いところは、ビットコインの取引手数料がマイナスであることです。つまり、取引すれば逆に手数料がもらえます。使い心地は他の取引所に劣りますが、それでも使いたい取引所です。イーサリアムやネムなどの人気のアルトコインが手数料無料で取引できるのも嬉しいです。

Binanceは海外の取引所ですが、ビットコイン以外の仮想通貨を取引するなら必須といえる存在の取引所です。理由は、日本の取引所で扱っていない将来有望のアルトコインを安い手数料で売買できるからです。セキュリティとサーバーも安定していて文句無し。

bitFlyerは日本最大手のビットコイン取引所です。取引手数料は0.01%~0.15%がかかりますが、安心感と使いやすさはピカイチです。ビットコインFX(レバレッジ取引)はキャンペーン中につき取引手数料が無料です。レバレッジ取引をするならここで決まり。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る