仮想通貨の「ノーリスク」といえば「アービトラージ」です。

詐欺プロジェクトもノーリスクをうたいながら「アービトラージ」のシステムを提供することがあります。

1タップ10%の利益

1タップ3万円の利益

アービトラージはそんなに儲かりません。1日何回もタップしたけど小銭しか稼げなかったという報告のほうが多いです。

最近登場した仮想通貨投資案件に「Tech Frontier Project」があります。私はこれは詐欺案件だと思っています。本記事ではその理由を説明します。

なお、私が詐欺だと思っているだけで、実際に詐欺かどうかは現時点では明らかになっていません。この記事は、プロジェクトへの参加、不参加を強制することを目的としたものではないので、他のサイトの情報や家族、友人の意見も参考にして、ご自身の判断のもと投資するかどうかを決めて下さい。

また、本記事で使用している画像は、検証を目的として一般公開されているものを引用したものです。

引用文字列 URL
Tech Frontier PROJECT 1 http://techfrontier-project.biz/?id=ngpioq1&no=uce

Tech Frontier PROJECT

 

特定商取引法に基づく表示より

項目 内容
販売会社 株式会社CCS
販売責任者 南 栄作
所在地 福島県福島市松川町宇鼓ヶ岡36-5
電話番号 05052134139
メールアドレス info@techfrontier-project.com

 

販売会社の「株式会社CSS」は法人登録されていませんでした。

会社の所在地を調べてみたところ車の修理工場でした。

Tech Frontier PROJECT
⇒引用元「Googleマップ

 

看板をアップしてみると「原付から、スーパーカーまで。お車の事なら何でもご相談下さい。株式会社CSS」と記載されています。どうやら会社自体は存在しているようです。

Tech Fronteir PROJECTのことは相談できるのでしょうかね。

株式会社CSS

 

Tech Frontier PROJECTは、1日15分のゲーム感覚のような作業で1日最低3万円を稼ぐアプリを提供するプロジェクトです。

主催者は南栄作氏(みなみえいさく)。システムエンジニアの経験を経て、現在はIT関連と金融関連を中心とする会社の経営者だそうです。

(引用元:Tech Frontier PROJECT 1)

 

IT企業の経営者ということなので「南栄作」でネット検索してみましたが、今回のプロジェクトの情報以外、南栄作氏と思われる人物や会社の情報は何一つ見つかりませんでした。

よって、南栄作氏は名前や経歴を偽ってこのプロジェクトに登場している可能性があります。

Google検索 南栄作
⇒引用元:Google検索「南栄作

 

今回の自己紹介も詐欺師によくあるのプロフィールになっています。それは、

社名やグループ名を言わない

です。南栄作氏が経営するIT企業はシステム開発の分野で多大な功績を残しているので、社名を名乗って開発製品の信用を裏付けるのが普通です。会社の経歴については詳しく述べたにも関わらず、社名を言わないのは違和感しかありません。言えない理由があると考えられます。

動画では、南栄作氏の会社のオフィスにインタビュアーの木村智広氏が訪問してインタビューを行いました。会社に入るときのシーンで扉のドアに「LINE-INC.」という社名のようなロゴが映っています。

Tech Frontier PROJECT

(引用元:Tech Frontier PROJECT 1)

 

LINE-INC.について調べてみたところ、インテリアのデザインを手掛ける会社ということが分かりました。

下図はLINE-INCの公式ページです。写真に写っている椅子と観葉植物の配置から、LINE-INC.の社内で撮影されたとみて間違いないと思います。

下図右下に「オフィスをスタジオとしても貸し出しています」と記載されています。

LINE-INC.
⇒引用元「LINE-INC. 公式

 

下図は違う角度からの写真。

Tech Fronteir PROJECT
⇒引用元:求人インテリアデザイン「LINE-INC.

 

木村智広氏は南栄作氏の会社のオフィスに訪問する前に、植物で覆われた家を背景に話をしました。

Tech Frontier PROJECT 木村智広

 

この家は東京都目黒区青葉台にある家です。

 

植物で覆われた家とLINE-INC.の住所「東京都目黒区青葉台3-18-3 THE WORKS 3F」の位置関係は下図になります。目と鼻の先です。

よって、インタビューの撮影場所は南栄作氏の会社のオフィスではなく、LINE-INCが撮影場所として貸し出しているスタジオであることが明らかとなりました。


⇒引用元「Googleマップ

 

動画の視聴者は、プロジェクトが提供するアプリ「Tech Box」をダウンロードして無料で試してみることができます。

以下の動画は実際に試してみたシーンです。

7つの仮想通貨取引所(bitFlyer、CoinCheck、Zaif、bitbank、QUOINEX、Bitfinex、Bittrex)の総当たり表が表示されていて、丸マークをタップして選択したあとにTAPボタンを押すとアービトラージが行われて利益確定となります。

以下の動画は、ZaifとBittrex、または、bitbankとBittrexのアービトラージが選択可能になっています。

押した瞬間に利益が確定するところを見ると、このアプリはアービトラージのシステムが動いているのではなく、ボタンが押されたら単純に数字を加算しているだけの簡素な作りである可能性が高いです。

試しにTAPボタンを連打してみたら、無尽蔵に利益が増えていきました。。

南栄作氏はこのアプリのことを「ゲーム感覚で稼げる」と表現しましたが、ボタンを押すだけのアプリのどこにゲーム感覚を見いだせばいいのか謎です。

(引用元:Tech Frontier PROJECT 1)

 

アービトラージとは、異なる取引所の仮想通貨の価格差が生じたときに、安い取引所で買い、高い取引所で売ることでノーリスクで利益を出す手法です。

例えば下図のように、取引所Aが1 BTC=100万円、取引所Bが1 BTC = 103万円の価格のとき、取引所Aでビットコインを買い、取引所Bに送金して売れば3万円の利益を得ることができます。

アービトラージ

しかし、アービトラージは何百万円もの元本が無いとほとんど利益が出ません。

今回のプロジェクトでは7つの取引所でアービトラージを行うようですが、例えば、元手100万円を用意した場合、それを7つの取引所に分散すると1つの取引所につき14万円ずつ入金しておくことになります。14万円でアービトラージを行っても1回あたり10円の利益がいいところというか、送金手数料と売買手数料によって資産がマイナスになる可能性すらあります。

今まで多くのアービトラージで完全ノーリスクで稼げるとうたうプロジェクトが登場しましたが、全く稼げずに詐欺確定状態となっています。

下表は仮想通貨のアービトラージを提供したプロジェクトのセールストークです。

プロジェクト名 セールストーク
THE REVERSAL PROJECT 完全自動で毎日資産が9%増える。
MESSIAH PROJECT スマホを2タップするだけ。秒速1万円が稼げる。
ANOTHER WORLD PROJECT スマホをワンクリックするたびにたった1回で10%の利益が確定。スマホ連打で億万長者。

 

以上、Tech Frontier PROJECTの調査結果です。

このプロジェクトの参加を検討している人は、7つの取引所にいくらずつ入金すれば1日15分の作業で3万円を稼げるのかをプロジェクトに確認し、価格差と利益を計算して納得してから参加するか検討することをお勧めします。

被害者の数を少しでも減らすために、下にあるボタンを押して「いいね」とリツイートに協力してもらえると幸いです。

  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る