本記事では、NANJCOINという国産仮想通貨について説明します。
⇒「NANJCOIN Whitepaper
⇒「NANJCOIN ソースコード

NANJCOIN

 

NANJCOINは、5ちゃんねるの「なんでも実況J」の住人が開発したトークンです。

5ちゃんねるは日本最大の電子掲示板で、2ちゃんねるから改名された掲示板です。掲示板のカテゴリーに「なんでも実況」があり、その中の「なんでも実況J」では野球中継の実況を中心に書き込みが行われています。Jはジュピターの略です。

なんでも実況J
引用「5ちゃんねる なんでも実況J

 

なんでも実況Jの住人は「なんJ民(なんじぇいみん)」という愛称で親しまれ、2017年にユーチューバーのVALU売り抜け事件が発生したときに、真相究明のための情報収集で大きな貢献をし、「なんJ民」という愛称が全国に知れ渡りました。

そんな「なんJ民」が作ったトークンがNANJCOIN(なんじぇいこいん)。社会にインパクトを与える何かをしてくれそうな予感がします。

ホワイトペーパーの内容

NANJCOINのテーマについてホワイトペーパーには以下のように記載されています。

スポーツをもっと楽しむというテーマのもと、スポーツに関連する分野で提携先を拡大していきます。

 

プロジェクトのゴールについては以下のように記載されています。

スポーツチームが真に自由になるために必須である独立採算、これをあらゆるスポーツで実現するスキームを作り上げることこそがゴールであると考えています。

 

上記のように、NANJCOINは人々がスポーツをもっと楽しめる仕組みを作り、さらにスポーツで食べていきたい人たちを支援するプロジェクトです。

現代はスポーツで生計を立ててている人の数が圧倒的に少なく、いくらスポーツが得意でも、収入の問題でスポーツ人生を途中で諦める人が多いです。そんな人に希望を与えてくれるトークンになりそうです。

NANJCOINが実現することをホワイトペーパーをもとに下表にまとめました。

No 実現すること
1 NANJCOINでスポーツ関連商品をお得に決済できるようにしたり、特典をつける。
2 NANJCOINを使ってスポーツ選手や団体に寄付が手軽にできるようにする。
3 NANJCOIN保有者が投票権利を持ってスポーツチームの運営に携わる。
4 NANJCOINでスポーツ観戦チケットを購入できるようにする。
5 NANJCOIN保有者だけが利用できるシートを作る。
6 NANJCOINを国内外の様々なスポーツ関連団体及び関連施設で利用できるようにする。

 

NANJCOINを使ってスポーツの観戦や施設利用をお得に利用でき、さらに、スポーツ選手やチームを応援できる仕組みに楽しみが広がります。NANJCOINを使って選手を応援し、選手は応援してくれたファンのためにいっそう努力をして人々に感動を与える。感動したファンは選手を応援する。の好循環が生まれそう。

しかし、活躍して十分な収入を得ている選手に寄付をしていもあまり意味がないです。NANJCOINは資金繰りに困るスポーツ選手や団体の支援を目的にしているので、寄付は知名度があまりない選手に送ることになると思いますが、知らない選手に皆で寄付がしたくなる動機付けをどのように行うかが課題になると思います。

取引所に上場

NANJCOINは2018年3月16日に海外取引所のCoinExchengeに上場し、販売価格は日本円に換算して約0.02円でした。それからわずか19日間で27.8倍の約0.5円まで大暴騰したあと0.06円まで暴落しました。

NANJCOINガチホ組は、この一か月間ジェットコースターに乗りっぱなしのようなスリリングな気分だったのではないでしょうか。

NANJCOINチャート

 

そして4月24日から再び上昇がはじまり4月30日現在は約0.43円まで価格を上げてきています。CoinExchangeの出来高も断トツトップを突っ走っています。

CoinExchange 出来高

発行枚数

NANJCOINの総発行枚数は300億枚です。

項目 枚数
一般販売 180億枚
マーケティング 45億枚
開発費 45億枚
運営チーム 30億枚
合計 300億枚

 

2018年3月16日のCoinExchange上場時に全体の60%に及ぶ180億枚が一般販売されました。売れ残ったぶんはバーンまたはロックアップすると説明していましたが、何と12時間で完売しました。

 

一般販売しなかったコインはマーケティングに45億枚(15%)、開発に45億枚(15%)、運営チーム30億枚(10%)の配分になっています。運営チームの所持割合を全体の1割とすることで透明性を確保し、運営チームが売り抜けたとしても相場が崩壊しないようにしたそうです。

2018年4月30日現在のNANJCOINの時価総額は86億2283万863円です。時価総額ランキングは186位。

 

他のスポーツ関連のトークンにSPOTYCO(スポーティコ)があります。スポーティコは個人がスポーツ選手に投資をして、契約金や大会賞金、移籍金などの一部を配当として受け取れる仕組みをブロックチェーンで実現するプロジェクトです。

スポーティコの時価総額は11億3047万9403円。時価総額ランキングは526位。

 

私の推測では2018年4月30日現在のNANJCOINの価格は過熱気味と判断したので、0.00000016 BTCまで下がってきたら思いっきり買おうと思います。

プロジェクトの目標

NANJCOINはあらゆるスポーツで独立採算を実現するスキームを作り上げるという目標の他に、スポーツチームを買収するという目標を持っています。

日本のプロ野球界では、楽天、ソフトバンク、DeNAの3つのIT関連企業が球団を買収してプロ野球界に参入しました。今度は仮想通貨関連の企業が球団を買収する時代がくると面白いですね。ぜひ球団買収目指して頑張ってもらいたいです。

履歴

NANJCOINは日本国産の仮想通貨で、スポーツの支援を掲げるプロジェクトなので応援する日本人も多いと思います。新しい情報をキャッチしたら記事を更新していこうと思います。

2018年1月18日 公式ツイッター公開
2018年1月21日 100億NANJプレゼント企画(1名)
2018年3月14日 NANJCOINチームが法人化
2018年3月16日 CoinExchangeに上場
2018年5月4日 HitBTCに上場

 

2018年01月21日に行われた100億NANJのプレゼント企画(1名)は旧NANJCOINの100億NANJのことであることを、やきいもさんに教えてもらいました。やきいもさん、ありがとうございます。
⇒EtherScan「旧NANJCOIN

管理人オススメの取引所

Binanceは海外の取引所ですが、ビットコイン以外の仮想通貨を取引するなら必須といえる存在の取引所です。理由は、日本の取引所で扱っていない将来有望のアルトコインを安い手数料で売買できるからです。セキュリティとサーバーも安定していて文句無し。

Zaifの凄いところは、ビットコインの取引手数料がマイナスであることです。つまり、取引すれば逆に手数料がもらえます。使い心地は他の取引所に劣りますが、それでも使いたい取引所です。イーサリアムやネムなどの人気のアルトコインが手数料無料で取引できるのも嬉しいです。
  • Google+で送る
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る