アプリ体験「付箋電卓 」。付せんのようにメモれる電卓 | はじはじアプリ体験記

付箋電卓
「付箋電卓」付箋を貼るような感覚で、計算結果を画面に残しておき、一括で合計できる

計算結果を付箋(ふせん)に書いて画面上に残しておけるのが売りの電卓アプリ。Android版とiOS版の両方がリリースされている。

アプリを起動すると、すぐに電卓画面が表示される。落ち着いた感じの色合いと立体感のあるキーがとても良い。
付箋電卓の電卓画面

 

キーを押すと真ん中の付箋に数字が表示される。

例えば、「130×3」と入力すると下図のようになる。電卓として考えると当然のことではあるが、計算途中の式が表示されないのは残念だ。
130×3を入力

 

続いて「=」キーを押すと、計算結果の390が表示される。
計算結果390

 

その後、別の計算をして390との合計を出したいとき、普通の電卓ならメモリーキーやグランドトータルキーを用いるが、この電卓は付箋を用いて計算結果を一時保存するのだ。

具体的には、真ん中の付箋を画面上部に指で運ぶ。付箋にメモして画面に貼りつけておくような感覚だ。これは面白い。
付箋を移動する

 

続いて、「120×5=」と入力すると新しい付箋に計算結果の600が表示される。
120×5=の計算結果

 

そして、「Sum」キーを押すと、貼りつけた付箋が中央の付箋に集まってきて、合計の「990」が表示されるのだ。
付箋の合計

 

計算結果の付箋化は、メモリーキーやグランドトータルキーなど比べものにならないくらい一時保存されている数値が把握しやすい。

しかも、一時保存した数値は独立して保存されているので、入力ミスがあった付箋は画面右上のゴミ箱に運べばそれだけ削除することができるのだ。
付箋をゴミ箱に運ぶ

 

ゴミ箱の使いやすさはAndroidとiOSで異なる。

Androidは以下の動画のように、付箋を画面右上に勢いよくスライドさせると、ゴミ箱に吸い込まれるように付箋が消える。

 

一方、iOSで同じことをすると、以下の動画のようにゴミ箱の右上に残ることが多いのだ。Androidの方が消しやすい。

 

「付箋は何枚でも貼れるのだろうか?」

気になったので、1から100までの数字を書いた付箋を100枚貼って見た。付箋が重なって見えなくなるが、処理落ちなどの不具合は発生しない。「Sum」キーを押すと、
付箋を100枚貼る

 

付箋100枚の合計5050が表示された。計算結果も問題ない。ナイス付箋。
付箋100枚の合計

 

知人にメールでアプリを紹介すると、30日間広告なしで利用できるので嬉しい。また、広告無し版は120円なので開発者への応援として購入するのもありだろう。

付箋を使う感覚で計算できるので使う時に迷わないし、入力ミスをしても気が付きやすく、訂正もしやすい。これは使いやすい電卓だ。

Google Playで手に入れようApp Storeからダウンロード

管理人のアプリ興奮度は「A
  • Twitterでシェア
  • Facebook
  • LINEで送る
はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー

コメント

  1. USK より:

    僕はスマホ、iPadともにge-calcという電卓アプリを使っています。計算式の記録とコピーができますので便利です。とくにiPadだと計算式が真横に記載されますので、より便利だと思います。よければ試してみて下さいm(._.)m

コメントを残す

お名前